TOP >  世界の禁煙事情 > シンガポール >  シンガポール編!|世界の禁煙事情・アジア

シンガポール編!|世界の禁煙事情・アジア

 

シンガポール タバコ1箱の値段 約1,000円(2009年)

東南アジアの中で最も喫煙率が低い国

シンガポールはガーデンシティとも呼ばれている美しい都市ですが、美観を保つためいろいろな規則が定められ、違反すれば罰せられます。
吸殻に限らずいわゆるゴミのポイ捨てをすると高額の罰金が課せられるというのは有名です。

シンガポールは東南アジアの中で最も喫煙率が低く、喫煙率は約14%です。(2005年)

喫煙に寛容なアジアでは例外的に喫煙にはとても厳しい国です。

シンガポールでは現在、レストランや職場はもちろん、屋台街からコーヒーショップにいたるまで禁煙です。

2007年7月からは、バー、ラウンジ、ディスコ、ナイトクラブ、カラオケなど大半の娯楽施設でも喫煙が禁止となりました。

ただ街角のあちこちには灰皿付きのごみ箱が設けられていますので、路上での喫煙行為までは禁止していません。

シンガポールにタバコを持ち込もうとすると、一本から税が掛かりますので、入国する際は通関で必ず申告することが必要です。

  

—————————