スマホ、モバイル対応のWebレシポンシブデザイン。無料テンプレート!SEO対策にも!

無料テンプレートでHP作成

これだけは知っておきたいSEO

SEOとは?

はじめに

はじめに、SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化と訳されますが、 具体的には、自分のホームページで掲載している商品やサービスの名称を検索エンジンで検索したときに検索結果上位に表示されるようにするための技術です。

コンピュータシステムが与えられたアルゴリズム(計算式や組み合わせによる最適化)に従って、順位づけをするので、コンピューターが正しく認識できるよう、それに沿った対策を行う事が必要です。

検索エンジン最大手といえばGoogleですが、Googleの検索エンジンに対する理念は、
「世界中のあらゆる情報を整理して、検索ユーザーに最高の情報を届けることを使命とする」です。
平たく言うと、「ユーザーがいいと思うものを上位に表示するよう技術を磨いている」訳です。

現在ではそのアルゴリズムは進化し、相当程度な精度になってきています。

検索エンジンのシェア

日本の検索エンジンのシェアは、以下の通りです(2016年8月時点)

1
Google
67.2%
2
Yahoo
25.1%
3
Bing
6.95%

※参考:StatCounter Global Stats - Browser, OS, Search Engine including Mobile Usage Share

GoogleとYAHOOで90%近くを占めています。

ちなみに、2010年7?には「Yahoo! JAPANとGoogleがアルゴリズム事業で提携した」という大きなニュースがありました。
Yahoo! JAPANが検索エンジンのシステムとしてGoogleからデータ提供を受ける事がきまったのです。
Yhoo!独自のアルゴリズムを加えるという事ですが、両方で検索した結果を比較すると、ほぼ同様の検索結果が表示されています。

以上の事からSEO対策はGoogleエンジン対策といっていいでしょう。

SEO業者は効果があるのか? 依頼した結果

2008年ぐらいまではSEO業者に料金を払って対策してもらえば、まともな業者ならば成果を出す事は出来ました。
しかし、それ以降は、SEO業者に頼んだとしても検索順位をあげるのはかなり難しいでしょう。
なぜ、そう言えるのか?なぜなら私自身が、実際にSEO業者を7社程はしごして、お金を使ってきた結果だからです。

私自身は、一番初めは物販で会社を立ち上げ、自社HPを10年以上運営しておりますので、HPを見てもらえなければ、商品は売れませんので当然SEOについてはずっと関わらざるを得ない訳です。

HPを運営後、2社目でまともなSEO業者を見つける事ができたので、4年継続しました。後半1年は順位が下がったままずっとあがりませんでしたので途中、重複して他の業者のサービスを導入しました。
残念ながら2社同時に利用してもあがらなかった為、両方やめました。
そしてSEO業者を大手から、よく分からないところまで半年~1年くらい間隔で、いろいろとはしごしましたが、残念ながらどこも結果を出してくれる事はありませんでした。
2社目の結果を当初出してくれていたSEOサービスも、今は既にそのサービス自体が検索しても出てきません。
支払った金額は月3万~1万5千です。

結果として、2008年以降は、SEO業者は基本的に効果がなかったという事です。
(個人的な見解である事は断っておきます。かなり知識の深いSEO業者の人もいますが、稀です。
電話をかけてくる営業の人と、技術の人がそもそも別なので、めったにいません。
(大分お金も使ったのでこのぐらいは言ってもいいんじゃないでしょうか、、)

もし、SEO業者を利用するとしても、判断基準を持つための最低限の知識がなければ、無駄なお金を払う事になります。

自分で学ぶSEO

そんな調子なので、途中からずっと自分でSEO対策の勉強をして自分で行ってきました。
勉強した中で、SEOの情報で、最新かつ正確な情報を発信しつづけている一番のサイトだと私が思うのは、こちらです。ご紹介します。
【海外SEO情報ブログ】

ただし、かなり専門的でマニアックなので、初心者向きではありませんが、困った時や悩んだ時は見てみると良いと思います。
海外まで出向いて、Googleの最新情報を仕入れ、日本語訳までして情報を発信し続けている貴重なブログです

例えば、SEOの情報でこのダグを貼りなさい、というような情報がたくさん出ていますが、 そのタグの本当の意味を知らないと、使い方によってはマイナスに働いてしまう事もあります。タグの意味とか、そのような細かい内容も網羅されているので、迷った時はこちらのサイトを訪れるといいと思います。

    

言える事は、検索エンジンの精度、アルゴムの改良、進化により、SEO業者にお金を払った偽装対策とでもいいますか、それはもう効かないのです。
結論としては、検索ユーザーにとっていかに良質なコンテンツを発信するか、という事に終始してくる訳です。

    

そう言うと、元も子もない感じですし、地道な作業に気が遠くなりそうですね。

しかしながら相手はコンピューターですので、やはりやっておくべきSEO対策が多々あります。
コンピューターはこちらに合わせてくれないので、こちらが合わせるしかないのです。

最低限やっておかなければいけない対策を正しく行い、やってはいけない対策を知れば、複合キーワードなどでは、以外と早く順位があがってくる場合も多いです。

これだけは知っておきたいSEOマニュアルについて

最低限やっておかなければいけない対策、やってはいけない対策、ご存知でしょうか。ここだけは押さえておいて欲しいという事をまとめました。

HPを作って公開しても、最低限の設定もしていなければ、誰も訪れません。

実際のところ、何十万も支払ってデザイナーにHPを作成してもらったのに、検索エンジンに知らせる為のタイトルさえ未入力という、不親切な出来上がりのHPを何年も知らずに運用しているのを目にして、驚いた事があります。
また、レンタルのHPを使っている方で、SEO対策の項目があるのに、知らずにそのままの初期状態にされている方も多いです。こちらも目撃しました。

HPのテンプレートを配布していますので、そういった事のないよう、【これだけは知っておきたいSEO】マニュアルを、ライセンスキーをご購入の方には特典としてお付けいたします。

私がSEO業者をはしごして、実際の失敗体験も踏まえて書いてますので、かなり実践的ですぐ使えて効果のある内容が含まれていますので、是非お役立てください。

簡単に設定できるように、分かりやすく簡潔にまとめてあります

目次

【基本編】

  • タイトル、キーワード他head内の設定
    • タイトル、Metadescription作成のコツと、注意すべき点

  • キーワードの選出方法
    • キーワードツール、サジェストツールを参考にしてみる
    • GoogleAdwordsのキーワードプランナーの使い方
      • 選定の戦略
        • Googleは非営利ページを優遇
        • サービス+地域名の例
        • トップページから3ページ目まで、どのくらいクリック率が違うのか

  • コンテンツを作るうえでの注意事項
    • キーワードの含め方、文字数、文法チェッカーなどについて
    • サイトの順位を保つ方法、下がってきた場合の対策

  • これをやってはいけない! Googleウェブマスター向けガイドラインより
    • 10箇条の項目を分かりやすく解説 ~対処方法まで

  • 内部リンク
    • ページ内アンカーテキストリンク
    • アフェリエイトリンクはGoogleの評価を下げるのか?

  • 外部リンク
    • 被リンクを増やすには?
      • 相互リンク/テキスト広告/Q&Aサービス/YouTube/リンクを買う?これらはどうか?
      • 被リンクされるコンテンツとは?
      • ディレクトリサービスは有効か?
    • SEO業者を解約すると順位は下がるか?
    • 発リンクについて

  • その他
    • Facebookのいいね、シェアボタンの設置方法
    • YouTube動画

【中級編】

  • アクセス解析を行う
    • Googleウェブマスターツール

  • サイトマップを作ろう
    • サイトマップとは何か?
    • サイトマップは必要か?

  • サイトマップ作成ツール
    • サイトマップの作成・送信方法及び更新の仕方

全31ページ 2017年7月執筆 Copyright c テンプレWork

※こちらは、レシポンシブHPテンプレートのライセンスキーをご購入の方にプレゼント特典として作成したものになりますが、 マニュアル単体でもお買い上げいただけます。
ライセンスキー+特典SEOマニュアル(2,980円/税込み)
SEOマニュアル単体(1,480円/税込み)