https化した方がSEOにいいのか?https化に必要な手順とその後に必要な変更まとめ

Webレシポンシブテンプレート

https化に必要なまとめ

httpsはSEOによいのか?

Googleが2015年12月に、httpよりhttpsを優先的にインデックスするとアナウンスした事も手伝い、https化の波が押し寄せてきています。
Googleウェブマスター向け公式ブログ

SEOによいかどうかは、新規に立ち上げるのか、それとも長年運用してきたHPかどうか、運用してきたHPがどのようなものなのかによると思います。

https化に必要なSSL証明が、昔は高額だったのに、現在では無料のものがあり大変ハードルが下がりました。また暗号化通信の速度も、暗号化していない通常の通信との速度差がわからない程になっ ていますので、新規に立ち上げる場合は、https(SSL証明を取得しての暗号化通信)でいいと思います。

問題は、既存のHPをどうするかです。既存のHPをhttps化した場合、やはりいろいろやる事があります。さくらインターネットさんでLet's EncryptのSSl証明書が使えるようになっていたので、やろ うやろうと思っていたhttps化への思い腰をあげて実際に150ページ程あるHPをhttpsに変更してみました。 その経過を記載してみたいと思います。

既存のホームページをhttpsにした手順

サーバーでのhttpsへの切り替え

まず、契約しているサーバー会社のヘルプページを熟読して、SSl証明の種類をどうするか考えます。
ちなみにさくらインターネットさんでは、下記3つがありました。他に他社のSSL証明書を移行するなどがあります。

  • 共有SSL 共有サーバで使用するSSL証明
  • 独自SSL(無料のLet's EncryptのSSL証明書)
  • 独自SSL(有料のSSL証明書)

共有SSLというのは、さくらインターネットさんが取得しているSSL証明をたくさんの人で一緒に利用するという事です。
独自SSLというのは自分でSSL証明書を取得し、自分のものとして管理するという事です。

共有SSLであれば、設定もとても簡単、証明書の管理も必要ありません。
デメリットとしては、アドレスがちょっと、、
さくらの初期ドメインに設定するなら・・・ https://exsample.sakura.ne.jp になります。
独自ドメインで設定するなら・・・https://secure9999.sakura.ne.jp/exsample.com のようになります。

独自SSLでは、証明書や秘密鍵の管理、期限の管理を自分で行う必要があり、例えばサーバー移転などの際に必要です。 無くした場合などは自己責任になります。期限切れも自己責任ですので、その使う証明書についてきちんと熟読する事が必要です。 ドメインは・・・https://exsample.com のように使えます。

今回、独自SSL証明書でhttps化を行う事にしました。無料にするか有料にするかは、そのHPの扱っている情報、セキュリティの範囲によっての選択になるという事で、また切り替えもできるという事で、お問合せフォームぐらいなので、無料のSSL証明で行う事にしました。さくらインターネットさんで使えるLet's EncryptのSSl証明書は期限も自動更新という事だったので、安心です。

Let's Encriyptが何なのか詳しく知りたい方はこちらへ Let's Encriyptとは

さて、サーバーでの設定後、https化までの反映時間が数十分から数時間と記載がありましたが、数分で反映されました。 サーバーの設定は、サーバー会社のHPのヘルプが一番正確で詳しく記載されていますので、割愛させて頂きます。

さて、メールでSSLサーバ証明書の発行のお知らせが届きます。
このメールに、「すでにSSLサーバ証明書がお客様のレンタルサーバにインストールされましたので、SSLをご利用頂ける状態になっています。現在はhttp/httpsの両方でアクセスできますので、 必要であればお客様にて適宜、http→httpsのリダイレクト設定を行ってください。また、常時SSL化にあたり既存コンテンツのURL変更などが必要になる場合があります。」

そう、ここからがまたやる事が沢山待っているのです。リダイレクト設定と、既存コンテンツのURL変更、簡単に書いてありますが、既存コンテンツのURL変更これが意外と大変です。

https化後に必要な作業

https化後に必要な作業として、主に下記があげられます

  • 301リダイレクト設定
  • 既存コンテンツのURLのリンク設定
  • 設定している場合、Googleウェブマスターツール(GoogleSearchConsole)の再設定、サイトマップ送信
  • 設定している場合、Googleアナリティクスの変更

301リダイレクトとは

リダイレクトとは、転送という意味で、移転したページについて、このアドレスにアクセルしたら移転先のこっちを表示するというものです。電話番号が変わった時の電話の転送に似ています。
リダイレクトが単なる転送なのに対して、301リダイレクトは、以前のページの価値を引き継ぐ事ができます。例えば、長く運営しているHPであれば被リンクなども集まっていると思います。
301でリダイレクトであれば、検索エンジンはその以前のページの評価を転送先のページへ引き継がせます。尚、即座に引き継がれる訳でなく、1~2週間の時間が必要のようです。
ですから、この301リダイレックト設定は、https化後すぐに行った方がよいでしょう。

301リダイレクト設定方法

.htaccessという名前でファイルを作ります。
そのファイルに下記を記載します。(サーバー会社のヘルプ記載のまんまです
===============================
SetEnvIf REDIRECT_HTTPS (.*) HTTPS=$1
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on
RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>
===============================
意味は4行目 HTTPSでないなら、5行目 HTTPSへ301へリダイレクト。尚、3行目RewriteEngine onは、もし他に命令があっても1ファイルに一度書けばOKで、5行目のRがリライト、Lが適用の終わりです。
上記の記述はApache(アパッチ)というウェブサーバー仕様で、「Mod-Rewrite」という機能を実装している場合に有効ですが、多くのサーバーが対応しています。(さくら、ロリポ、XREA、Xサーバーなど)
.htaccessファイルをFTPクライアントなどでサーバーのホームページを置いてある階層のルート直下にアップします。
インターネット上で、前のhttpのホームページアドレスでアクセスして、httpsで表示されていたらOKです。
尚、この転送設定は、どのぐらいの期間設定しておくべきかですが、HPを運営している間ずっと設定しておいて問題ないでしょう.

既存コンテンツのURLのリンク設定

さて、ここからが大変なんです。長く運営していればいる程、、
まず、リダイレクト(転送)設定すれば一応は、ほぼ全てのページは問題なく表示されますので(中には問題のでるものもあります)これで一件落着としてしまう手もありますが、
転送されているだけなので、被リンクは、変えようがないので転送でいいのですが、HP内の内部リンクは普通変えます。他、例えばSNS設定、広告など貼っていたらそのリンクを確認し、必要があれば変更します。
なぜなら、新しく取得したhttpsのアドレスに変えないと、直接表示できるものがいつまでも転送になるからです。

    

実際に10年近く運営しているHPでURLをhttp://www.〇〇〇.jpからhttps:/〇〇〇.jpに変更した箇所は次の通りになりました。

  • HPのページ150程度を1ページづつ変更、貼ってるSNSのいいねのタグの部分も含めて
  • スマホのゲームアプリも作っていて、それに広告を挿入しており、そのタグをサーバーに置いていたので、それに関する変更。広告会社の方の管理画面での変更は見たところ必要ありませんでした。nendさんとi-mobさんを使っていますが、i-mobさんは変更前は表示に不具合が発生してました。
    アプリの開発ソフトで、広告タグを取得するURLをhttpの以前のものからhttpsの現在のものへ変更。これが1つのアプリで何画面もあったりするのでその画面ごとの広告でリンクを変えました。アプリの数は5つぐらいあったので、意外と大変でした。
    それをGooglePlayのデベロッパーページで、アプリの修正版をアップロード。GooglePlayに記載しているアプリの開発者のページURLを変更
  • 自社サイトからダウンロード販売を行っていたので、そのASPサイトとのリンク設定変更(戻り先URLぐらい)
  • ダウンロードファイルの著作リンクURL変更
  • 自社サイトと連結しているショッピングカートColor me shop proさん、そのASPサイトとのリンク設定変更(戻り先URLぐらい)
  • phpで作成しているお問合せフォーム中の該当箇所変更
  • CGIで連結しているブログのテンプレートの該当箇所変更
  • アフィリエイトを広告主で出しているのでそちらの管理画面から該当箇所を変更

ちなみに、yahoojapanショッピング、Amazonショッピング、Wowmaは自社サイトとひもづいていないので、変更なし
まだ漏れがあるかもしれないが、気づいた時に変更という事になりますね。

大変だったのは、ページ数が多かったHP自体の内部リンク設定の変更と、Googleplayのアプリのところでした。
それ以外は、それほど大変ではないけれど、確認していくのがなかなか骨が折れます。なので、変更の大変さを考えるなら、新しく立ち上げるならはじめからhttpsで始めるのも考えるべきと思いました。1

https化のデメリット

  • リンク設定の確認が、いろいろなサービスを使っている場合はそれなりに大変
  • HTML文法チェッカーなどのインターネット上のサービスが使えない。(なるほど暗号化されているから解析できないのですね)。ファイルをアップロードして検証する方法があったのでセーフ。一手間余計になったけど。
  • せっかくあつめたSNSなどのいいねなどのカウントがゼロになります
いいねのカウント画像

という事で、もしアフィリエイトのようなブログHPなら、httpそのままでもよいのかもしれないと思いました。自社サイトで今後も運営がつづくなら、どこかで切り替えるのも考えてみるといいと思います。 さて、まだ続くのですが、アクセス解析の方の変更です。

Google Search Console(ウェブマスターツール)の設定

準備中です。お待ちください