JTの『電子たばこ』ならず『電気たばこ?』ブルーム発売 2014/06/19 (木)

JTの電子たばこ?ブルーム発売

2013年12月にJTから『電子たばこ』ならず『電気たばこ』なるものが発売された。商品名はブルーム

どのようなものかというと、タバコ葉をカートリッジに詰め、電気で加熱し蒸気にして、タバコの葉の香り、ニコチンを楽しむというコンセプトのようだ。

ニコチンリキッドを使う電子タバコは日本では販売禁止ですが、リキッドでなくたばこ葉を詰めるという事です。(たばことしてJTから販売されています)


電気加熱型たばこ「プルーム」(3500円)。

「たばこポッド」(7銘柄・各12個入り・460円)



最大の特徴は紙巻きたばこと違って火を使わないため、燃焼による煙や灰、においが出ない、(少ない)こと。煙が出ないので、喫煙者の家族や周りの人には歓迎されそうだ。


海外での販売も順調とありました。
海外ではニコチンリキッドの電子たばこが売上を伸ばしているらしいが、リキッドよりもまだたばこ葉の方が自然だろう、という気がする??

周りに気を遣って喫煙できない昨今、これからは電気たばこになってゆくかも?実際海外ではニコチン入りの電子たばこの売り上げがのびているらしい。


----「プルーム」を開発したのは、スタンフォード大学卒業生のAdam Bowen氏とJames Monsees氏が創立した、米サンフランシスコにあるプルーム社です。---JTのプレスリリースより引用


思い出されるのが、2011年12月発売のかぎたばこ『ゼロスタイルミント』だ。

私は既に禁煙していたが、知人用に購入し、たしか2つ入っていたので1つを試してみた。

おそらく非常に細かく刻まれたたばこ葉がカートリッジに入っていて、それを空気を吸う事によって若干のたばこの香りと、若干のニコチンが摂取できるものであった。

燃やしも熱しもしないので、当然だと思うが、入ってくるニコチンは微量なようで、香りもニコチンもよくわからない感じであった。

今も販売しているようです。

喫煙目的としては、『ゼロスタイルミント』は厳しい感じでしたが、『ブルーム』ならいけそうですね。
『ブルーム』は試してませんが。

たばこ情勢もいろいろ変化してきているようであります。

ちなみに私は禁煙をおすすめいたします。

※ブルームの画像引用元:Ploom ONLINE SHOP

1つ目の画像がブルームで2つ目の画像がゼロスタイルです。