喫茶店の喫の字って喫煙の喫と関係あるの? 2014/06/16 (月)

喫茶店の喫の字とは?

昨今、喫煙者はタバコを吸う場所を探すのに困り、喫茶店に入る事が多いのではないでしょうか。


私もタバコを吸っていた頃は、タバコを吸いたいが為によく喫茶店に入っていましたね。


さて、喫茶店の「喫」の字は”喫煙”の”喫”なのでしょうか?
私は長い間そう思っていましたが、実際は違うようです。

----喫茶店の「喫」は「喫する」という言葉から来ており、「喫する」とは、現代の平易な言葉で言えば「飲む」「吸う」「食べる」にあたります。(yahoo知恵袋より)----

ですので、喫茶店とはタバコを吸う店ではなく、お茶、コーヒー、軽食を喫する店という事だったんですね。

----さらに、禅の言葉の「喫茶去」(きっさこ)という言葉がもとのようです。

「喫茶去」とは、どんなときでも、一杯のお茶を出し、とりあえず一息つこうと言えるような、余裕のある心を持とうってことなんです。

お茶のおもてなしですね。