喫煙と保険料 非喫煙型の保険料は大幅に安くなる? 2014/06/25 (水)

たばこを吸わないと保険料は安くなる?

死亡保障を目的とした生命保険では、タバコを吸うか吸わないか?によって保険料が変わるようです。

■[非喫煙型の保険要件としては]
1年以上タバコを吸っていない人という条件である事が多いようです。

■[保険会社はどうやって調べるの]

通常は「1年以上タバコをすっていない」と告知をするだけでなく、だ液検査(対面)を実施して実際にすっていないことを確認します。

さらに多くの会社で体格(太りすぎ、やせすぎの人はダメ)や健康診断の数値なども加入の条件に加えています。

■[喫煙者と非喫煙者どれくらい保険料に差があるの]

下記のページの情報を比較しました。死亡保障が1,000万、3,000千万,5,000万とそれぞれ例が違いますが、なんと20〜40%も違います。こんなに違うとは!!

http://lify.jp/contents/insurance_point/p04.php

http://insurance.yahoo.co.jp/column/pro/life/060529_plife.html

http://www.ehoken.co.jp/blog/?p=1599

この数字にびっくりしたと思いますが、アメリカの事情はもっと厳しいようです。
アメリカでは1970年代には、 非喫煙者割引は全米に広まりました。現在では喫煙者と非喫煙者では同じ保障内容でも、保険料が5倍違うこともよくあるそうです。

保険料区分の細分化が進んでいる米国では保険料価格の高騰によって、異論もでているようです。


もちろん病気の原因はタバコだけでなく、様々な要因があります。たばこ以外に飲酒や体質、食事、ストレスetc..

「たばこだけが原因じゃないでしょう?」
喫煙者の方の言い分もわかります。

ただ飲酒に関しては、肝臓の数値をチェックする保険会社も多いようです。

ではストレスは??

私は、長期にわたる非常に強いストレスなどは喫煙や飲酒にもまして、病気を引き起こすと思いますが、ストレスに加え、喫煙、飲酒もプラスされれば、病気へまっしぐらです。

タバコもパカパカ、お酒も相当飲むという方で長生きできる人は、体がとても丈夫だったり、ストレス解消が上手だったり、とにかく非常に少ない確率でラッキーな人なはずです。

結局のとろこ、喫煙はタバコの購入代だけでなく、保険料その他でも損な事だらけ、散財まっしぐらという事です。例えば賃貸だったらヤニは経年劣化でないので、敷金から引かれるのが普通です。


保険料うんぬんでなく、自分の健康を大切にしたいですね。

ちなみに病気になってからでは基本保険は入れない。入れたとしても入りにくいしきっと保険料高い。

保険料の安い、掛け捨ての国民共済や都民共済などの保険もいいと思いますよ。


一度お世話になりました。私は掛け捨ての保険加入後9年ぐらいたってから病気しました。
病気って誰でもなるもんなんですよねぇ。