ロゴ禁煙外来について知りたい事

禁煙外来 > 禁煙治療の内容

禁煙外来

医者画像

ソース:平成24年8月18日 産経新聞 記事より----

平成18年(2006年)から禁煙治療が保険適用となりました。禁煙治療とは実際どのようなものなのでしょうか?

-----禁煙治療は実際どのように進むのか

保険適用の範囲では12週間の治療が認められ、5回程度の通院が必要。
治療費は多ければ総額6万円かかるが、患者負担は最大2万円程度(3割負担の場合)となる。

禁煙外来を訪れた患者は、まずニコチン依存症がチェックし、保険対象になるかを確認。呼気中の一酸化炭素濃度の測定も行う。

医師と相談しながら禁煙日を決め、”禁煙宣言書”にサインしてもらう。

処方薬を決めるが最近は飲み薬の選択が増えているようです。


-----禁煙の成功率は?

3か月間たばこを吸わなければ一応成功となる。体感的には8割以上が成功していると思う。
薬の使用で禁煙の苦しみは非常に少なくなった。ただし、ニコチンは身体的依存と心理的依存があり、後者を克服する為に周囲の人のサポートが不可欠。
医療機関では医師と看護師、栄養士がチームとなり、禁煙患者を支える体制をとっている


-----制度面でのサポートは十分か

以前に比べ充実はしたが、不十分な点は多い。
保険の適用範囲がかなり狭い。例えば、一度禁煙治療を受けると1年間は適用されず、再トライが出来ない。
また、他の病気で入院し、それを機会に禁煙しようとする場合は適用外で、自費負担となってしまう。

制度の使い勝手が悪い


-----禁煙外来を持つ医療機関は全体の1割だ

禁煙治療で保険適用を受けられる医療機関となるには登録が必要で、高価な測定器を揃える必要もある。診察に時間がかかることも、病院経営の面では懸念材料だ。
そうした参入障壁もあり、禁煙治療を行う医療機関は少ないのが実態だ


---------------------------

以上は新聞記事からの抜粋ですが、実際に禁煙外来へ行った人の声を聞いてみました。

禁煙外来へ行った人の感想、禁煙外来の先生の感想

■患者さんの感想

先生によって違うかも。私の場合は先生が一生懸命で、やさしかった。それで頑張れた。


■お医者さんの感想

自分で来る人は、成功する確率が高い。連れてこられたり、しかたなく来た場合はフェードアウトする事が多い。


以上、「なるほど!」と思った感想です。
ちなみに、禁煙治療を無事終了すると、賞状のような修了証みたいなものをくれるそうです。
嬉しいですよね!
すべての機関がそうかどうかはわかりませんが、きっとくれるのではないでしょうか。

---------------------------
COPDとは>>