ロゴ禁煙ナビ・禁煙コラム・禁煙ニュース

禁煙ニュース喫煙と記憶力

禁煙が脳を救う

計算のイラスト

驚愕! 「喫煙者は禁煙者に比べて3分の1もの記憶を失う」という研究結果

喫煙が健康に良くないことは周知のことだが、最新の研究では新たな人体への影響が確認されたそうです。
そのニュースの内容を簡単にいうと、記憶力テストを行ったところ、喫煙者の方が非喫煙者より記憶力が30%劣ったというもの。
そして、たばこをやめた人は記憶力が25%アップして非喫煙者の記憶力に近づいたというものです。

----------------

記事を抜粋しますと、喫煙者はたばこを吸わない人と比べると、なんと3分の1もの記憶を失うというのだ。

英ノーサンブリア大学の研究者らは、18~25歳の被験者70名を対象に記憶力テストを行った。
全員で大学内を散策し、どこに何があったか、掲示板にはどんなことが書かれていたかなど様々なことを記憶していってもらうという、いたって単純なものだ。

テストの結果、喫煙者が覚えていたのは全内容の59パーセントほどであった。これに対し、喫煙をしたことがない人は81パーセント記憶していた。
さらに驚くべきことに、以前は喫煙していたが禁煙に成功したという人では74パーセントだった。

研究チームを率いたヘファナン教授によると、「禁煙することが健康に良いことは知られていますが、記憶力に関しても大きな効果をもたらすことが明らかになったのは今回が初めてです。
たばこをやめれば、脳の認知機能を回復させることができるということです」とのこと。教授は今後、受動喫煙などに関しても記憶力にどのような影響があるのか調べていくという。


今回の研究結果は、そろそろ禁煙しようかと考えている方にとって、背中を押してくれるひとつの要因となるかもしれない。自分は喫煙しないという方でも、周囲に禁煙できずに困っている人がいたら、この結果を教えてあげると良いだろう。


ソース ロケットニュース9/26 
------------------------------------------------

記事では、実験人数が70名と少ないのでどのくらい本当なのかなと思いますが、怖い話ですね。
このニュースが、そろそろ禁煙しようかと考えている方にとって、背中を押してくれるひとつのキッカケになるとよいと思います。

---------------------------